ビビットでマタハラ加害者が登場?どうすればなくなる?

1月27日放送の白熱ライブビビットでは

マタハラ問題について取り上げられていましたね。

しかもマタハラ加害者が出演されてマタハラについて話されていました。

加害者が出演されるのは、珍しいですよね

多くの場合は、被害者が出演されることが多いですからね。

加害者側の意見を聞くことで、

より深く考えることができるかも知れませんね

それでは、今回放送された内容について考えてみましょう。

番組で放送された内容とは?

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

今回の番組では、あるマタハラ加害者へのインタビューを元に

人はなぜマタハラをするのかを考えていこうというものでした。

加害者に見る。私はこうしてマタハラをしました。

とある土木建築郷地の会社で働いていたAさん。
会社で3人しかいない事務員のうちの1人(先輩社員)が妊娠されました。

最初のうちは、先輩を応援する気持ちもあり
つわりなどの体調不良なども心配していました。

ですが、そのうちにAさんに対する負担も大きくなってしまいました。
残業は当たり前で、休日出勤なども増えていきました。

そして、精神的にも疲れがたまっていき
次第に、先輩社員への怒りの感情が生まれてきました。
先輩が妊娠をしなければ・・・とすら思っていたみたいです

その頃には、他の社員たちも妊娠した先輩社員へのマタハラも
行われていました。
そんなに辛いならやめたらいいんじゃないなど・・・

最後には、Aさんも我慢の限界が来てしまいました。
社長室に乗り込み、Aさんへの不満をぶちまけてしまいました

スポンサードリンク

Aさんの抗議により先輩は予定より1ヶ月早く産休に入ることとなりました

最初は応援する気持ちだったのですが

肉体的、精神的に追い詰められていき

最後にはマタハラをしてしまいました。

マタハラ加害者のAさんも現在では後悔されているみたいです。

なんで、もっと早く会社へと向けて不満を言えばよかったと・・

マタハラ加害者はどうすればよかったのか?

マタハラがなくなるためには、

どうすればよかったのでしょうか?

番組で、マタハラに詳しい少子化ジャーナリストに伺ったところ

Screenshot_2016-01-27-09-24-52

企業としてもっと改善すべきことがあったのでは?

と言われていいました。

ですが、企業が負担するのも限界がありますよね?

ですので、国としても対策が必要なのでは?

とも言われていましたね。

無意識に行われているマタハラについては次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です