社長からのセクハラ?出張先で恐怖の体験談

会社で働いていれば、出張することもありますよね。

出張先では、基本的に個室ですよね。

大人数で出張するときは

同姓同士で相部屋とかは、たまになるかも知れませんが・・

たとえ恋人同士でも、会社としては別の部屋を取るのが

常識かと思います。

今回の体験談では、そんな状況でおこった出来事です。

我慢は禁物!嫌だと思ったらセクハラです(体験談)

054871

私は高校を卒業してすぐ働いた会社で、社長からセクハラをうけていました。入社当初はとても親切で優しい方だったのですが、会社や仕事にも慣れてきたころからセクハラと思わしき行為をするようになってきました。

まずは連絡先を執拗に聞かれました。その会社は個人の携帯を業務でも使用するところだったので番号は知っているのに、メールアドレスも教えてくれとのことでした。私は当時付き合っている彼氏もいたし、社長とはいえ必要以上に異性に連絡先を教えることに抵抗があったのでなぜメールアドレスも教えなきゃいけないのか聞きました。すると、業務で必要だからと言うのです。その時は私も業務なら仕方ないか…としぶしぶ教えてしまいました。

それからしばらくは業務内容でのやり取りだったのですが、いつの間にかプライベートな内容のメールも届くようになってきました。人柄もよくおかしな人ではないと感じていたので、社長だしできるだけ返信していました。

そんな時ふと社長から携帯をiPhoneに変えないか?と提案がありました。理由はスマートホンだとパソコンのメールも確認しやすいし、ナビもできるから顧客訪問のときに便利だとのことでした。確かに仕事内容的に顧客訪問をすることも多く、ナビが使えるのは便利だなあと思い何の躊躇もなく機種変更をしました。初めてスマホを手にした私は使い方が分からなく初期設定を社長やってもらいました。

これが大きな間違いでした。スマホに機種変更したことをきっかけにメールの内容がエスカレートしていきました。今どこにいるの?、何してるの?等わざわざ社長に言わなくてもいいような内容です。

あるとき彼とのデート中にメールが来たことがあり、面倒だったし不快だったので翌日出勤した時に謝罪をすればいいや、と返信をしないことがありました。そしたら、彼氏とデートばかりして淫乱女。というメールが来たのです。もう怖さと怒りで震えました。

翌日、出勤し給湯室でお茶入れをしていると突然後ろから社長に抱きつかれました。驚きすぎて声も出ませんでした。すると案の定前日のメールの件を問いただされました。なぜ返さないのか、デートだったのか…もう気持ちが悪くてしばらく社長と距離をとりました。

スポンサードリンク

少しの間は特に何もなかったのですが、ある日突然社長と二人で県外へ出張になりました。距離的には日帰りも可能な場所だったのですが、夜遅くなってしまうからホテルをとってくれました。社長と二人で出張というだけでも嫌なのに、泊りか…とダブルパンチ。でも仕事だし仕方ないと自分に言い聞かせて出張へ行きました。そして事件が起こりました。

出張も無事終わりホテルにチェックインしたところ、なんとシングル2部屋じゃなくてダブル1部屋だったのです。このときこれはセクハラだと確信しました。でも自分一人で帰れる距離でもなく、夜も遅かったので仕方なく同じ部屋に。もちろん一睡もできませんでした。

翌日帰宅した際に母の顔を見たら号泣してしまいました。特に何もされなかったとはいえ、彼氏でもない大人の男性と二人きりで同じ部屋にいたなんて恐怖と気持ち悪さで思い切り泣きました。それからはもちろん仕事に行くこともできず、辞めてしまいました。

大事にはしたくなかったのでセクハラの件は言いませんでしたが、社長にはついていけませんと泣きながら訴えました。今思えばもっと早くこうしてればよかったと思います。

今回の事例のポイントや対策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です