車内でのセクハラ!自動車教習所で受けた密室でのセクハラ体験談

多くの皆さんが通ったことのある自動車教習所。

実は、教官と二人っきりで密室という空間に

閉じ込められてしまうという危険な状況でも

あるんですよね。

多くの自動車教習所では、こういうことはないのですが

中には、セクハラやパワハラが行われいるところもあるみたいです。

今回の体験談はそんな自動車教習所で

セクハラの被害にあった事例です。

教習所で担当のおじさんにセクハラを受けた体験(体験談)

f544fac7c2d2fec33c5fa56e7b69b6d3_s

私はこの頃まだ学生でした。友達に「車の免許取りに行かない?」と誘われて、一緒に教習所に通うようになったのです。いつも通いは友達のお母さんが送り迎えしてくれて、一緒に行きました。最初は問題なく通っていたのですけど、途中で担当だった人がその人の都合で来れなくなってしまって途中で担当が変わったのです。このせいで私はすごく嫌な思いをすることとなりました。

前は少し若い無口な人が担当でした。だから基本的には運転のことに集中できたし、会話が弾まなかったものの問題はまったくなかったです。でも新しい担当の人は頭が禿げあがったおじさんでした。結構明るいタイプでノリも良さそうで最初は「嫌いじゃない」と言う印象でした。ちょっと騒がしい感じのおじさんだけどそれ以外に不満はなかったのです。しかしこのおじさんに実技をしてもらうようになってすごく気になることがありました。

最初はこのおじさんの教え方なのかな?と軽く考えていました。この人はうまく曲がれなかったら私の足をパンパン叩いて「違うだろ」と陽気に言っていました。「あっちに曲がれ」というときも足を叩いて方向を促すのです。いちいち叩かれるのは痛くて嫌だったけど、そのときはジーパンをは穿いていたのでまだ許せました。

でもさすがに短パンで行ったときは考えてくれるだろうと思っていたのです。しかし予想外にこの日も担当のおじさんは同じように太ももを叩いてきたのです。しかもいつもみたいにはたく感じではなく、さわっと触られた感じで「ぞわっ」としました。

スポンサードリンク

最初は「気のせい」と思い込もうとしたけど、普段以上に太ももに触ってきて最終的に終わり際にさすさすっと太ももをさすられたのはびっくりしました。「これはセクハラだ」とこのときに実感したのです。

私はどちらかというと大人しいタイプだったので、教習所に通っている間は一言も誰にも言えませんでした。恥ずかしいし、話して告げ口されたと思われたらどうしよう思ったからです。私は教習所に通っている間ずっと太ももを触られました。

本当に気持ち悪いおじさんでした。もうあの顔は二度と拝みたくありません。いっそのこと途中で受付で「セクハラされました」と訴えれば良かったなと今になって思うことがあります。

今回の事例のポイントや対策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です