会社を辞めたい!でも辞めさせてくれない!辞めるまでの期間は法律では?

会社を辞めたいと上司などに相談されて

すぐにでもやめたいのに

  • 「もう少し待ってくれ」
  • 「退職は3ヶ月前に言ってくれ」

などの理由ですぐに退職を認めてくれない場合があると思います。

もちろん業務の引継ぎなどがあるので、

辞表などを提出し次の日からこないなんてことは

されないでしょうけど、3ヶ月は長いですよね?

法律などではどうなっているのでしょうか?

今回はそのあたりについても調べてみたいと思います。

会社を辞めるまでの期間は?

61a449ac7930e781d810debac441480b_s

ご本人の雇用形態などで異なる場合もありますが

雇用期間の定めがない正社員の場合は

辞表を提出してから、会社を辞めるまでの期間は

原則として2週間とされています。

ただし、月給で給料をもらっている場合は、

その月給計算期間の前半で申し立てれば末日でやめることができるが

後半で申し立てた場合は、次の月給計算期間の末日での退職となります。

また、就業規則などで「退職はその3ヶ月前に申し出ること」

といわれている場合もあるかも知れません

ですが、就業規則は、法律に抵触しない範囲で有効なので

雇用期間の定めがない正社員の場合は

辞表を提出して、2週間が経過すれば退職が成立します。

これには、会社の許可もいらないですし、

会社が認めないとすることもできません。

とはいっても、一方的にやめるのではなく

会社と話し合いをして双方が納得した形で

退職できるのが一番ですけどね(汗)

スポンサードリンク

無理にやめたら、退職金が支払われない?

上記で説明させていただきましたが

法律では、辞表提出後2週間で成立するとなっていますが

会社側が就業規則などで「退職はその3ヶ月前に申し出ること」

など法令では認められていない期間を設けている場合もありますよね。

ですので、辞表提出後2週間で会社に行かなくなると

法令では認められていないもの会社が無断欠勤だといい

給料や退職金を支払わないといった事例もあるみたいです。

もちろんこれは違法です。

裁判などでの判例でも、全額支払いの判例が出ています。

ただし、状況によって違う場合もありますので

弁護士や労働基準監督所などに相談することをオススメします。

最後に

実際の法律と会社が決めた就業規則には異なる場合があります。

そのため、改善を求めることも必要ですが

そのときはできるだけ穏便に提案することをオススメしたいですね

さらに、法律についても複雑な部分もありますので

「生兵法はケガの元」ということわざもあるように

疑問に思ったり、改善を必要だと思った場合は

労働基準監督所などに相談してみるのもいいかも知れませんね

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です