パワハラ、セクハラの仕返し!報復をされない方法はあるのか?

そして仕返し開始

まずは、会社または、他の上司(加害者より格上)などに訴え出るのがいいでしょう。

ただし、加害者が社長などの場合は、会社に訴え出るのは避けたほうがいいですけどね・・・

それでも改善が得られない場合(もしくは報復を受けた場合)は

外部機関に訴えましょう。

その際はとりあえずはお金のかからない労働基準監督署などが

最適かと思います。

その際はこちらの記事も参考にしていただければと思います。

それでも埒が明かない場合は

多少お金はかかりますが

弁護士さんなどに相談しましょう。

注意事項

仕返しをする際に注意してほしいことはそれは

感情的にならないことですね。

感情的になって、小さな仕返し例えば

  • 加害者のものを壊す
  • 加害者に返事をしない
  • 加害者にきちんと報告などをしない

などをしてしまうと、それを逆手に取られてしまうことがあります。

あくまでも冷静に粛々と行いましょう。

もしかすると冷静になってみれば、

その行為(パワハラやセクハラ)がちっぽけなものに見えてくるかも知れませんしね

スポンサードリンク

最後に

パワハラやセクハラの加害者の特徴として

放っておくとどんどんエスカレートしていく傾向にあります。

そのため、軽いハラスメントの時から

証拠を集めておくことで

対策になることもあるんですよね。

何度も言いますが、あくまでも冷静にですよ。

またハラスメントの加害者というのは

気づかずにハラスメントを行っている場合もあります。

被害者からすると、なんとも都合のいい考え方かと思いますが

人の感覚というのは人それぞれですから

そういう方もいらっしゃるかも知れません。

それを気づかせることも必要かも知れませんね

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です