職場でのパワハラはなくならない?その原因と予防と解決策は?

現在では、パワハラという言葉も定着して

多くの企業において相談窓口なども設置されていますが

今でも職場でパワハラを受けた経験がある方は

約30%もいるといわれています。

では、なぜなくならないのでしょうか?

またその予防や解決策についても考えてみたいと思います。

職場でのパワハラはなくならない?

023827

職場でパワハラの経験があるという方は

実際の話以前からあまり変化はありません。

パワハラという言葉も定着して

その相談窓口も多くの企業で設置されているはずなのですが・・(汗)

その結果、職場でのパワハラなどが原因での

精神障害などでの労災補償はどんどん増え続けているとも言われています。

企業側も、パワハラの被害者のケアに取り組んでいるということでしょう。

それでもパワハラを受けたことがある方は減らないらしい・・・

なぜなんでしょうか?

それは、パワハラを受けても何も対応しないという方が多いからです

いくら相談窓口を設置していても、

相談しなければ対応のしようがありませんよね(汗)

スポンサードリンク

相談窓口は頼りにならない?

実は、相談窓口に相談しても

相談窓口での対応が十分でなかった場合も

あるみたいですね(汗)

例えば、

相談窓口の社員が、話を十分に聞いてくれない

・・・「上司からパワーハラスメントを受けた」と相談したが

相談窓口の社員は、その上司に一度ヒアリングをして

報告書を作成し、対応を終了してしまった。

そのため、わだかまりが解消されないままで

むしろ職場の雰囲気が悪くなってしまった。

相談を聞いてくれない

・・・「上司からパワーハラスメントを受けた」と相談したが

相談窓口の社員は、「上司は君のためを思って指導しているだけだ、

これはパワハラではなく、君の問題だ」と加害者をかばうような

発言をされて、相談をあまり聞いてくれなかった。

相談者のプライバシーをないがしろにする

・・・あまりまわりの人に知られたくないとお願いして

「上司に無視をされる」と相談したところ

相談者に何の了承もなく、同じ部署の社員に聞き込みを行い

このパワハラは周知の事実となってしまった。

もちろん、相談窓口でしっかりと対応された例も多くあるのですが

ごくまれにこのような対応が行われることもあるみたいです(汗)

会社側も、相談窓口を設置するだけではなく、

そこでの対応についてもしっかり考えていくことも必要ですよね。

また社外の精神科医の先生などにきていただくことも有効ですよね。

パワハラの予防策や解決策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です