パワハラや暴力?ホテルスタッフの体験談!先輩からのいじめ?

様々な事例があるパワハラですが

中には暴力などをふるわれる事例もあるみたいです。

それは、暴行ですよね(汗)

今回はそんなことが行われていた

ホテルスタッフの体験談についてみていきたいと思います。

パワハラや暴力?ホテルスタッフの体験談

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

今回はとあるホテルで行われていた

ひどいパワハラの体験談です。

(以下、体験談)

ホテルのフロントスタッフとして、24歳の時に某ホテルへ就職しました。
業務内容はフロントにて宿泊の予約確認をしたり、お客様対応が主です。
ホテルは24時間体制なので、女性スタッフでも夜20時~明け方5時までのシフトなんかもありました。
そういった時はフロントスタッフは2人体制で、交代で仮眠しつつ業務にあたっていました。

パワハラを受けるようになったのは、入ってから3ヶ月が経った頃からです。
女性スタッフ4人、男性スタッフ5名にそのホテルの責任者として男性1名がいる、小さめのビジネスホテルで、パワハラをしてきたのは責任者他3名の男女の先輩スタッフです。
私の他にも新人がいましたが、皆パワハラを受けていました。

例えば普通だったら9時間勤務の1時間休憩といったシフトなのに、10時間14時間といった無茶なシフトを組まれます。
人手はあるのに、そういったシフトで7日10日連勤で組まれて、本当に体力がもちません。
もう少し時間を減らしてほしいと言っても「給料分働け」と言われます。
社員なので固定給で、何時間働いても初任給21万です。
ちゃんと働いているのに、そうやって強制的シフトを組まれていました。

スポンサードリンク

嫌なのは、パワハラをする社員と同じシフトの日です。
例えば私とパワハラ社員Aとのシフトだと、Aはサボってバックヤードから出てきません。
私だけ休憩なしでご飯も水も摂れず、忙しくてお客様にクレームを言われつつ働くのです。

そしてミスをしていなくても私のせいにされたり、売り上げが悪いと上から文句が来るので、その腹いせかビンタをされた事もありました。
女性男性関係なく手を上げるのと、頬が腫れて鼻血も出た事があったのです。

でも辞めようとすると途端に態度を軟化させるので、終いには精神的に操られているような感覚がありました。
しかしあまりにも痩せた私を見た両親が会社と掛け合ってくれて、私は強制入院という形で何とか辞められました。
およそ2年働いたのですが、それまで地獄の日々でした。

パワハラは、目に見える攻撃と目に見えない攻撃をしてくる人がいます。
体に残る攻撃をされた時は、すぐに病院へ行って診断書を取って、本部に相談センターがあればそこに電話をしましょう。
精神的な攻撃の場合は、された事や言われた事を毎日簡単でもいいので日記をつけるか、ボイスレコーダーを持ち歩きます。
それが出来ない場合、自分だけで退職できない時は、周りに助けを求める事が大切です。

この事例のポイントや対策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です