プライベートでもパワハラ?職場の上司がいつでもパワハラ体験談

今回の事例のポイントは?

今回の事例では

  • 何でもかんでも僕に押し付けるようになった
  • プライベートでも、無理難題が続きました
  • 「休暇をとってもいいが、お前の席はないと思え」

などのポイントについて考えてみたいと思います。

何でもかんでも僕に押し付けるようになった

パワハラの加害者には多い傾向ですね。

頼みやすいというか、頼んでも断らないような状況を作って

次々に仕事を押し付ける場合が多いみたいです。

本来は自分でするべき仕事すら押し付けること

多いみたいですね(汗)

そして、手柄は自分のものとして

ミスは部下のせいにすることが多いみたいです。

プライベートでも、無理難題が続きました

仕事だけなら、まだ多少に逃げ道がある場合もありますけど

これだと心が休まるときがないですよね。

仕事をたてにとり、プライベートな用件まで

押し付けられるの辛いですよね。

「休暇をとってもいいが、お前の席はないと思え」

これは、しっかり証拠に録音しておきたかった言葉ですね。

この言葉は明らかにパワハラですからね。

この言葉を録音して、日付までメモしておけば

どこに持っていってもパワハラの証拠として

いけると思います。

スポンサードリンク

対策は?

今回の場合は、証拠をしっかりとって

外部機関などに相談したほうがいいですね。

パワハラの被害者の多くは

自分で解決しようと考えてしまう傾向が多いです。

少なくても、パワハラ問題については

ひとりで解決しようとせず第3者に相談すること

も有効な対策だと思います。

こちらの記事も参考にしていただければと思います。

参照:ハラスメントの被害にあったらどうする?相談窓口は?

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です