パワハラで転職は禁句!?クラッシャー上司を見返すためには?

パワハラで退職した場合の退職理由とは?

もしパワハラが理由で会社を退職した場合は

その後転職する際には正直に

「パワハラが理由で会社を退職した」

とはいえないですよね。

ですがどんな言葉で退職理由を説明すればいいのでしょうか?

基本的には、物事の状況を理解した上でポジティブに捕らえているように

説明することが一番なのですが・・・

とは言っても難しいですよね。

スポンサードリンク

例えば、営業ノルマがきつく、達成できないと激しく罵られた場合などは

売り上げと顧客満足度は深いつながりがあると思っていたのですが

以前の会社では、売り上げを重視するあまり、顧客満足度を軽視する傾向にありました

もちろん営業である限り、目標を達成するのは当たり前なのですが

あまりにもその場の売り上げのみに固執するのは、今後の営業に影響があると考えます。

自分では、顧客満足度を上げるため、(○○のような)努力をしていましたが

会社の方針が著しく顧客満足度を下げる方向に向いてしまいました。

そのため、自身の方向性と会社の方向性の違いに疑問を抱くことが出てきました。

そのため、提案力と対応スピードの早さで強みをお持ちの御社に興味を持ち

この度志望いたしました。

といった感じですかね。

ポイントは、

  • 営業として売り上げを上げることは大切だと理解している。
  • その場の状況で最善の努力をしようとしている

などのことをアピールすることができます。

自分が行った努力(工夫した内容)などを具体的に伝えることも

是非話すようにしたほうがいいかも知れないですよね。

最後に

パワハラで会社を辞めるハメになったのに

次を探すのにも注意することが必要だとは

なにか理不尽ですよね(汗)

ですが、クラッシャー上司を見返すためにも

あなたの元から離れたら、自分はこれだけできますよ

と思いながらがんばりましょう

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です