パワハラで転職は禁句!?クラッシャー上司を見返すためには?

クラッシャー上司から逃れて、転職をしようとしても

現状は転職も難しい状態になっていますよね。

また、パワハラが理由で会社を辞めたと面接でいうと

転職先の会社でもいい印象がないかも知れませんしね(汗)

今回はそんな転職について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

パワハラで転職は禁句!?

転職の際に必ずといっていいほど

前の会社の退職理由については聞かれますよね。

もちろんその人のなりを知るための質問の一つなのですが

転職先の会社でも同じように辞められてしまったら困るからですよね。

そのため、

『パワハラにあったので、会社を辞めました』

と以前の会社を批判するようなことを言われるのは

得策ではないということですよね。

どんなに説明しても、一方からの意見なので

いらぬ詮索をされてもいいことはないですからね(汗)

例えば、

  • 本人にも非があるのではないのか?
  • 感情的な性格なのでトラブルになったのでは?
  • 被害妄想が強いのではないだろうか?

などと思われてもいいことはないですからね(汗)

転職先の会社の方は、現場を見ているわけではないので

そのパワハラの苦しさを理解してもらうのはとても大変なので

話さないほうが得策だとは思います。

ですが、ウソはいけませんよね。

ウソをついてしまうと後々面倒なことになっても困りますからね(汗)

退職理由にウソつくのがダメな理由は?

入社の面接などで自分をよく見せようと、誇張したウソをついてしまうことが

ある方もいらっしゃるかも知れません。

退職理由についてはネガティブな理由も多く

ウソをついてしまいたいと思う方も多いかも知れません(汗

ですが、ウソをついてしまうと後のトラブルに繋がる場合もあります。

特に、

  • 社長賞を取るような実績を残した
  • エリアマネージャーなどの役職を任せられていた

などの経歴を詐称するような内容は最悪の場合

経歴詐称として訴えられたり、懲戒解雇の処分されたりする危険性があります。

※まあめったにはないですが、周りの社員の信用をうしなう恐れもありますね(汗)

中途採用の場合は、在籍確認や保険などの関係を確認するため

過去の勤務先に問合せを行うこともあるかも知れません。

その際にウソがばれてしまう場合もありますので

ウソは言わないようにしたほうがいいですよね

パワハラで退職した場合の退職理由については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です