パワハラとは?パワーハラスメントの事例や対策をチェック

職場におけるパーワーハラスメント

多く叫ばれるようになっています。

あなたの職場では、ありませんか?

あなたはパワハラを受けていませんか?

もしくは、あなた自身がパワハラをしていませんか?

今回は事例をもとに、ご自身が被害者や加害者にならないように

対策を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

パーワーハラスメントとは?

023827

まずはパワハラの定義について調べてみたいと思います。

パーワーハラスメントとは、職場において、

職務上の地位や専門知識の有無など職場内の優位性を背景に

業務の範囲を超えた、肉体的・精神的苦痛を与えること

肉体的な苦痛はもちろんのこと、精神的苦痛にも適用されます。

最近では、精神的苦痛に苦しんでいる方が多いみたいですね。

さらに、上司→部下だけではなく同僚→同僚、部下→上司の

パワハラもあるみたいですね。

事例①上司→部下の事例

上司は部下が仕事ができない場合は、

「仕事ができるようになってもらいたい」

という思いをこめて指導をされますよね。

ですが、その指導が行き過ぎて、つい感情的になってしまい

パワハラになってしまった事例です。

部下Aは、上司Bから見ると要領が悪い仕事をしていました。

そこで上司Bは部下Bに対して指導をしました。

  • 上司A:「ここをこうすれば、もっと簡単にできるだろ?」
  • 部下B:「いや、でも・・・。俺はこっちの方がやりやすいです。」
  • 上司A:「でも、じゃない!こうした方が、簡単なだって!」
  • 部下B:「いや、でも・・・。」
  • 上司A:「こうした方が、簡単だって言っているだろ!」
  • 部下B:「いや、でも・・・。」
  • 上司A:「言い訳はいい!とりあえずこうしてやってみろ!」

その後、上司Aは部下Bの後ろに椅子を持ってきて

部下Bを監視していました。

その後も、上司Aはことあるごとに、部下Bを激しく叱咤し

最後には部下Bは、精神的に追い詰められ

うつ病になってしまいました。

この事例では、正直上司Aの気持ちもわからなくはないですよね。

このように、パワハラはどちらか一方だけに責任があるわけではない

というような事例も多くあります。

次の事例や対策については次のページ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です