パワハラ上司への対処法!暴言を吐く上司への対応は?また特徴もチェック

3、パワハラを訴えでる

証拠を集めたら、パワハラを無くすために行動します

ですが、そのパワハラを行った上司に対して

訴え出たとしても、確実になくならないですよね。

ではいったいどこに訴え出ればいいのでしょうか?

訴え出る先はいくつかあります

  1. 会社
  2. 外部機関(労働基準監督署など)
  3. 弁護士さん

などがあると思います。

まずは会社が一番相談しやすいかと思います。

最近であれば、パワハラなどに対応する部署ができている場合もありますしね

ここで解決できるのが一番いいと思います。

ですが、ここでは解決しない場合もあります。

その要因としては

  • 会社が親身に対応してくれない場合
  • パワハラがあった事実を隠蔽しようとする場合

などが考えられます。

その場合は、外部機関に相談することをオススメします。

労働基準監督署や厚生労働省が行っている明るい職場応援団などに

相談しましょう。

残寝ながらここでも、親身に対応してくれない場合があるみたいです

これはパワハラではないといわれる人もいるみたいですね(汗)

スポンサードリンク

そして最終手段は、

パワハラで会社を訴えることです。

これはかなりハードルが高いですよね。

まず確実にお金がかかります。

そして、法的にしっかりとした証拠が必要です。

さらには、身体的もしくは精神的被害(診断書などが必要)がない場合

勝つのはかなり難しいでしょう

そのため裁判などに持ち込むのは大変かも知れませんね

最後に

いかがだったでしょうか?

分かりましたでしょうか?

パワハラの被害にあった場合は

まず誰かに相談しましょう。

そこで解決する場合もありますからね

ですからパワハラの予防策として一番重要なのは

信頼できる人間をしっかりと作っておくこと

重要になると思います。

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です