パワハラ上司への対処法!暴言を吐く上司への対応は?また特徴もチェック

上司などに暴言を言われた経験はありますか?

最近では、パワハラという言葉が多く叫ばれるようになっている今でも

パワハラ上司というものはなくならない現状です。

ではパワハラの行う上司にはどう対処すればいいのでしょうか?

またパワハラの上司にいろいろな特徴がありますよね。

今回はそんなパワハラへの対応について

考えてみたいと思います。

パワハラ上司の特徴は?

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s

パワハラ上司にはいろいろなタイプがありますよね。

例えば

  • 必要以上な大声で怒鳴る
  • 暴言を吐く
  • 暴力を振るう
  • 仕事の相談を聞かない
  • 必要以上に仕事を押し付ける
  • 業務の範囲外のことをさせる
  • 陰で悪口をいう
  • 仕事の用件を伝えない

など多岐に亘ります。

ではいったいどう対処すればいいのでしょうか?

パワハラ上司への対応は?

一番簡単な方法としては

理性を持って対応する

と言うことです。

パワハラなどに会った方の間違った行動として

大きく2つ上げるとすると

  • 感情的に行動してしまう。
  • 自分自身に答えを見つけようと考え込む

が考えられます。

どちらもいい結果は生まないですよね

結果的に自分が苦労するだけで終わってしまいます。

そこで理性を持って対応する

ということが重要になってくるのです。

では具体的にどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

1、まずは誰かに相談する

これは、ご自身ではパワハラだと思っても周りから見ると

パワハラでない場合もあります。

そのため、誰かに相談してみるのも冷静に対処をする一歩と言えるでしょう。

その際には、家族でも友人でも同僚でもいいですが

ご自身が信頼できる人に相談するのがいいでしょう。

誰かに相談することによって感情的になっていたりする場合でも

一歩引いて考えることができますからね。

2、パワハラの証拠を押さえる

状況を冷静に理解した後は訴えでたいところですが

まずは、証拠を集めましょう。

会社や労働基準監督署、裁判などに訴える際は

必ずパワハラの証拠が必要となります

パワハラの状況というものは、被害の数だけあると言われています。

また、第3者は客観的な目で見ていますので

きちんとした証拠が必要となります。

ではどうすればいいのでしょうか?

証拠に求められるのは

  • いつ
  • 誰が
  • どこで
  • 誰に
  • どのような

パワハラを行ったのかが必要になります。

そのためにまずすべきことは

パワハラを受けた日時や場所、状況をしっかり記録する。(手帳などに)

そして、言葉の暴力などの場合は

その会話を録音する

暴力などを受けた場合や精神的な病になってしまった場合などは

病院の診断書をもらう

ご自身のものなどを壊された場合は、

その証拠写真を撮る

などの方法が有効になリます。

その後の対処方については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です