嫌なあだ名でセクハラ!チャームポイントがコンプレックスに?【体験談】

皆さんは、会社であだ名などで呼ばれたりしていませんか?

あだ名には、名前から変化したものと

心身的特長から作られる場合があります。

後者の場合は、チャームポイントの場合もありますが

時には、その人のコンプレックスを傷つけられているかも知れません

今回はそんな体験談です。

ボインちゃんと呼ばれ(体験談)

054871

このセクハラを受けたのは、もうずいぶんと前で、その頃はまだ「セクハラ」があまり騒がれていない時期でした。この何年か後から、「女性が不快に思えばそれはもうセクハラなんだ」というような考えがテレビ番組などで放送されて、各社男性社員に注意を促す通達が出回り始めたというような頃ですので、まだセクハラに対する考え方が整っていなかったのだと思います。

私は、胸が少し大きい方なんです。また、その会社の制服が前身頃の胸の所が三角になっていてバーテンダーのような、胸が目立つ感じの制服だったので余計に、毎日毎日「デカパイ」や「ボインちゃん」などとからかわれていました。

スポンサードリンク

特に生理前など、胸が少し大きくなる時は特に「今日は特別にでかいなぁ、パッドでも入れたか?」や「今すぐ赤ちゃんにミルクをあげられそうな感じだな。ちょっとミルク飲ませてくれ」と飲むふりをしたりしていました。

その会社は、初めての就職先でしたし、相手もからかってすぐにいなくなるので、まぁ、挨拶代わりというか、このくらいの軽口は社会の中では普通なのかと思い、そこまで嫌な気持ちではなかったのですが、今こうやって振り返ると、あれは完全にセクハラだったな。結構ひどかったなと感じます。

私服の時も「今日も張り切って飛び出てるな」と言い、ちょっと触らせてくれ!ハァハァと冗談をするんです。それによって嫌な気持ちにはならなかったのは、きっと相手が完全に冗談で、私が相手の方を嫌いではなかったからだと今では思います。

ただ、その後、私の胸はそんなに目立つのか?外を歩いていてももしかして目立ちすぎて周囲の人に影で笑われているのでは?と思うようになり、胸を目立たなくする方法を考え始めました。胸を押しつぶすようなサラシを使ってみたり、胸の小さい人用のブラを使ったり、走らないようにするなど、と色々努力した記憶があります。その会社はセクハラとは別の理由で退職してしまいました。

今回の事例のポイントや対策については次のページ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です