マネーの天使最終回でブラック企業にパワハラで訴えられる?ストーリーやパワハラの内容は?

今回放送された内容は?(ネタバレあり)

今回はかなり極端なブラック企業が例に挙げられていましたね(汗)

簡単に内容を説明すると

竹内茂ですが、大手企業に就職することに

しかし、その会社はブラック企業だった

どんなブラック企業かというと

  • サービス残業は当たり前
  • 社長の息子である部長に逆らうと首にされる
  • 部長からのパワハラ発言は当たり前

そんな会社でした。

そして事件が起きました。

とある取引先との契約に失敗したのを

部長が部下に押し付けパワハラ発言をしました。

部長のパワハラ発言に対して茂が反論しました。

すると部長から

「じゃ、お前クビ!もう会社こなくていいから」と(汗)

嫌いだからクビというはそんな簡単にはできないですよね。

労働基準監督署などに訴えれば、問題になるはずです。

ですが、この企業では、以前にも労働基準監督署の

調査が入ったことがあったみたいなのですが・・・

上手くごまかしたみたいですね。

そのため茂は、解雇理由が不当だと会社に出社します。

そして、部長との会話はすべて録音すると・・

やはり、多少なりとも知識があると、優位に運べるみたいですね。

困った部長は弁護士に相談します。

すると弁護士は、茂を訴えます。

理由は会社に対して損害を与えたと・・・

約2500万の賠償請求をされました。

その狙いは、実際に金銭を請求することではなく

  • 裁判にすることで、茂に金銭的負担を与える
  • その後会社を辞めることを和解の条件にする

裁判って、知識のない方は大変ですよね。

ですが、茂にはブレーンがいますので、

裁判費用を抑えるために弁護士を立てずに裁判に臨みます。

最終的には、他の社員の証言によりその裁判は

茂が勝訴しますが、会社側は、他の社員を取り込もうと

いろいろ裏で動いていました(汗)

スポンサードリンク

対策やポイントは?

今回の事例が実際に起こったとしたら

怖いですよね(汗)

どうすれば対処できるのでしょうか?

やはり必要なのは、証拠を押さえておくことですよね。

証拠があれば、裁判などに持ち込まれても

何とか成りますからね。

また、もう一つ必要なのは

社内に仲間を作っておくことですよね。

今回の事例でもそれが助けになりましたからね。

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です