モラハラとは?モラルハラスメントの事例と対策は?

モラルハラスメントはかなり広域で使われるハラスメントで

パワハラやセクハラなどもモラハラの一種だという考えかたもあるみたいです。

またモラハラは、家族内、職場、友人、恋人関係で起こります。

ハラスメントの中で一番身近に潜んでいるといっても

いいのではないでしょうか?

今回はそんなモラハラについて調べてみたいと思います。

モラハラとは?

023828

モラハラとは、倫理的に問題のある言葉などによる精神的や肉体的な嫌がらせ

言い換えると、自分より立場の弱い人間に精神的な苦痛を与えて満足する行為

傷跡などが残る暴力などと違い、モラハラは精神的な苦痛で苦しめるため

表面化しない可能性も高いです。

ですが、その行為は暴力以上に人を傷つける行為だとも言われています。

そのため、一説には「モラルハラスメントは、精神的な殺人である」

とさえ言われるほどです。

モラハラの事例

モラハラの事例はとても多く、とてもありふれたものが多いです。

たとえば

  • 「お前はいつものろまだ」
  • 「お前はバカか?」

など、人をののしる言葉が多いです。

ですが、モラハラとは加害者が被害者を

精神的支配をする側面を含んでいるため一度はまってしまうと

被害者は、「自分が悪い」と自分を責めるようになり

なかなか抜け出すことができないことが多いです。

スポンサードリンク

モラハラの加害者とは?

モラハラの加害者は、

  • 他人より優位に立ちたい
  • 自分を特別な人間だ
  • 自分がすべて正しい
  • 自分の利益のために、他人を利用しても悪いと思わない。

などの気持ちが強い方が多いです。

また、頭の回転が速い方も多く、被害者に

「自分が悪い」と思わせるように仕向けたり

「自分がいないとこのひとはだめになる」と思わせたり

巧みな精神的操作を行うことも多いです。

そのため、一度被害にあうと、抜け出せなることが多く

心の病を発症するまでいってしまうことも多いです。

また、モラハラの加害者の特徴として

必要に付きまとってくることも多いです。

自分を優位性を保ちたいがために、他人より下に見られることを

極端に嫌う傾向が強く、自分がそういう立場になった場合

その相手に対して、必要に攻撃をしてくることもあります。

しかも、モラルを盾にしての暴言や他の人には気づかないように

こちらの自尊心を傷つけるような言い回しをされたりします。

そのため、周囲に気づいてもらうことも難しい場合もあります。

被害者になりやすいタイプや対策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です