マタハラの加害者の特徴は?残業が多い会社は危険!事例や対策も検討?

マタハラ(マタニティハラスメント)

最近多く叫ばれているハラスメントの一つですが

その加害者にはどんな特徴があるのでしょうか?

またその事例などから対策も考えてみましょう。

マタハラ(マタニティハラスメント)とは?

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

マタハラとは、妊娠・出産に対する嫌がらせのことで

産休を取らせなかったり、

妊娠を報告すると退職に追い込もうと嫌がらせをしたり

するみたいですね。

ひどい事例になると、流産をされたりもあるみたいです(汗)

ひどい話ですよね。しかもその責任は会社が取ることは少なく

ほったらかしの場合も多いみたいですね(汗)

また少子化が進む原因の一つにも、

働く女性が出産する制度が不十分という面もあるかと思います。

マタハラが多い会社の特徴は?

マタハラの起こりやすい会社の特徴は

  • 有休取得がままならない
  • 残業が多い

などがあるといわれています。

簡単に言うと、会社の仕事量に対して社員が足りていない状況の

会社にはマタハラが起こりやすいといえますよね。

被害者の周囲の人も、仕事が多いため残業も多く、

思うように休みも取れない状況のため

妊娠や子育てに対して適切な配慮ができなくなっているのだと

考えられます。

自分が大変なのに、他人のせいでもっと大変になる

と考えると、なかなか優しくはできませんよね。

ですが、これを言い訳にしてはいけません。

もしあなたが逆の立場(被害者)だった場合も

同じことをいえますか?

そう言えるかたはいないと思います。

もしこの状況に不満があるのでしたら、

妊娠・出産をする人ではなく、会社に意見をするべきなのです。

産休や育休は法律で権利として認められています。

また会社にもしっかり導入することを推奨されています。

にもかかわらず、会社が対策を取っていないということは

会社にも大きな責任があるわけですよね。

もちろん、会社としても言い分はあると思います。

ですが、ご自身が働きやすい環境を整えるのも必要かとは思いいます。

マタハラ加害者の特徴は?

会社の問題も別として、マタハラの加害者に多い傾向としては

  • 嫉妬心が強い
  • 自分が一番だと思っている。
  • 「男は仕事、女は家庭」という古い考えを持っている。

などが多いと言われています。

例えば、嫉妬心が強い人は

  • 自分には子供ができないのに、あの人には子供ができた
  • 自分が取れない、休みをもらっている

などど考え、嫉妬心から嫌がらせをされることも多いみたいです。

また、マタハラの加害者には、実は女性も多いみたいですね。

それはやはり、嫉妬心からマタハラをしてしまうことが多いみたいですね

マタハラの事例や対策などについては次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です