ハラスメントの被害にあったらどうする?相談窓口は?

もしあなたがパワハラ、セクハラ、マタハラなど

○○ハラスメントの被害にあったらどうしますか?

  • 友達に相談する
  • 同僚に相談する
  • 家族に相談する

などいろいろな選択肢があると思います。

ですが、誰にも相談できないという人もいらっしゃるかも知れません。

そういった方にも国やNPO法人などが

相談窓口を開いている場合もあります。

今回はそのあたりについて調べてみたいと思います。

国やNPO法人の相談機関は頼りになるのか?

231100

まず皆さんが気になるのは、

国やNPO法人の相談機関は頼りになるのか?

という部分が気になりますよね。

僕は実際の被害を相談したことがないため、

はっきりとしたことはいえませんが・・・

自分ひとりで解決するよりは、確実に頼りになります。

最初ハラスメントを調べているうちに思ったことは

  • 法律が難しくてよく分からない
  • 事例が毎回違いすぎて、対応策に迷う

という2点でした。

国やNPO法人の相談窓口のひとは

どの知り合いよりも、その点の経験に関しては多いと思います。

もちろんその人が信用できるかどうかは大事ですが

過去事例や意見を聞くだけでも、問題の解決に近づくと思います。

続いては相談窓口を紹介していこうと思います。

NPO法人の相談窓口もあるとは思いますが

今回は国が行っている相談窓口についてのみ

紹介させていただきます。

スポンサードリンク

ハラスメントについての相談は?

基本的には厚生労働省の管轄で

雇用均等室などで相談にのってもらえるそうです。

主にパワハラ問題についてはこちら

明るい職場応援団

参照:http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/

国が行っているパワハラの相談窓口です。

事例やお住まいの地域によって相談する窓口が違うみたいなので

詳しくはHPをご覧いただければと思います。

またこの明るい職場応援団では職場の

いろいろなハラスメントなどの相談にものってもらえるそうです。

主にセクハラ問題についてはこちら

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku06/

こちらもお住まいの地域によって相談する窓口が違うみたいなので

詳しくはHPをご覧ください

主にマタハラについてはこちら

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000088308.html

お住まいの地域によって相談する窓口が違うみたいなので

詳しくはHPをご覧ください

ハラスメントに悩んでいる人は?については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. JUNE より:

    パワハラ問題の解決を放置する企業の特徴として、パワハラ予防策の完璧な整備が挙げられます。加害者グループや解決に後ろ向きな企業は、自分達だけは助かる方策を講じた上で、被害者に対する執拗かつ陰湿な反撃を繰り返して、権力や人脈をフル活用して被害者を徐々に追い込んでいく訳です。被害者が自殺を考える様になったり
    、退職したり、メンタル不調な陥れば、本人に多いに問題ありと宣言出来るようになり正に思うツボです。ここまでの不祥事、不正を集団で行った場合はどれほどの量刑で処断されるのでしょうか?日本って一体安全なのか危険なのか分からない社会だと感じます。何とかならないものでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です