ジェンダーハラスメントとは?その事例や対策は?

ジェンダーハラスメントというハラスメントをご存知でしょうか?

ジェンダー=社会的・文化的に形成された性別のことをさし、

社会における生物学的男性ないし女性にとってふさわしいと考えられている

役割・思考・行動・表象全般のことです。

分かりやすく言うならば、「男らしさ」「女らしさ」のことを指します。

今回はそれに対して起こるハラスメント

ジェンダーハラスメントについて調べてみたいと思います。

ジェンダーハラスメントとは

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

社会的・文化的に形成された性別に対して行われるハラスメントのこと

例を出すならば、「男のくせに、なよなよして」だとか

「女のくせに、大食いだな」など

「男らしい男」「女らしい女」でないと認めないという考え

に基づき行われるハラスメントです。

「男らしさ」「女らしさ」という、個人ごとに価値観が違うもので

縛ってしまうのは、いいとはいえませんよね?

またこのハラスメントを、LGBTの人だったら、

その人たちに与える苦痛ははかり知れないですよね。

自分の人格を全否定されている気持ちになるかも知れません。

ちなみにLGBTとは
  • L=レズビアン(女性同性愛者)
  • G=ゲイ(男性同性愛者)
  • B=バイセクシュアル(両性愛者)
  • T=トランスジェンダー(生まれたときに法律的・社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人のこと)

これらの頭文字をとった言葉で、それらをまとめて指すとき使われる。

スポンサードリンク

ジェンダーハラスメントの事例は?

ジェンダーハラスメントの事例については、

先ほども例に挙げましたが

  • 「男のくせに、なよなよして」
  • 「女のくせに、大食いだな」
  • 「男のくせに泣くな」
  • 「女のくせに男言葉を使うな」

などがあります。

最近では、いろいろなことについて男女の境界線が曖昧になっていますよね。

たとえば、少し前までは、ネイルケアをされている男性はほとんどいなかったですが

現在ではネイルケアをされている男性も多いですよね。

このように、「男らしさ」「女らしさ」ってとても曖昧ですよね。

時代によっても違うし、過ごしてきた環境によっても違いますからね。

さらに、学校などの現場でもジェンダーハラスメントの被害が

出ていることもあるみたいですね。

  • 「男子のくせに・・・」
  • 「女子のくせに・・・」

などという表現が使われているみたいですね。

しかもそこからいじめなどに繋がる事例も多くあるみたいです。

対策については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です