逆マタハラ、妊婦は怖い?その事例と対策は?

マタハラ(マタニティハラスメント)という言葉は

広く知られるようになりましたが

その反対の意味で逆マタハラという言葉も

生まれていることはご存知でしょうか?

今回はそんな逆マタハラについて考えてみようと思います。

逆マタハラとは?その意味とは

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

マタハラとは、妊娠・出産に対する嫌がらせのことで

職場などで、妊婦などに対して嫌がらせをしたり

産休・育休などをを正当な理由がないのに

取らせなかったりする行為などがあります。

逆マタハラはそれとは逆に

妊婦などが、妊娠していることを逆手に取り

傍若無人に振舞う行為を言われるみたいですね。

また、出産後にも逆マタハラを行う事例もあるみたいですね。

逆マタハラの事例は?

逆マタハラの事例は大きく分けて2種類に分類できるみたいですね。

  • 妊娠中の逆マタハラ
  • 出産後(産休明け)の逆マタハラ

の2種類に分類できるみたいですね。

妊娠中の逆マタハラの事例は?

  • 仕事などのミスに関していつも「妊娠中」を言い訳にする、
  • 連絡もなしに無断欠勤をし、「妊娠中」を言い訳にする
  • 人に仕事を押し付け、「妊娠中」を言い訳にする。
  • 電車などの公共機関で、妊婦だから席を譲れとイヤミを言う

などの事例があるみたいですね。

特徴としては、妊娠中は周囲に気を使ってもらうことが多いですよね。

ですが、それを当たり前と思い通常通り接している人に対しても

自分に尽くすことを強要する傾向が強いみたいですね。

スポンサードリンク

出産後(産休明け)の逆マタハラの事例は?

  • 意図的に子供の預け先を探さず、それを理由に仕事中に多く帰宅する
  • 仕事をフォローしてもらっても、それが当然課のように振舞う

などの事例があるみたいですね。

多くの働いているママさんは、保育園や親族など

できる限りお子さんを預けるように手配をしているのに対して

逆マタハラの加害者は、その手配をせずに会社を突然早退したり

またそれを当然かのようにふるまう傾向が多いみたいですね。

逆マタハラの怖い点は?

逆マタハラの加害者には、周囲への配慮や感謝を全くせず、

やりたい放題の人が多いみたいです。

さらに、その点に関して注意すると、マタハラだと騒ぎたて

自分は被害者であると主張されることも多いみたいですね

対策や逆マタハラの悪循環などについては次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です