コンプライアンス委員会は実態のない飾り?パワハラで部署が結束した体験談

今回の事例のポイントは?

今回の事例では

  • 立たされて2時間ちかく責められました。
  • 捏造とも言える報告書を作成
  • 全員でフォローし合い、目を付けられないようにしています

などのポイントについて考えてみたいと思います。

立たされて2時間ちかく責められました。

これは完全にパワハラですよね。

こんなことに時間を使うんだったら、

早く入力できるように練習させるほうがいいんですけどね(汗)

ただ、自分のストレスを発散しているだけかも知れませんね

捏造とも言える報告書を作成

これはひどいですね(汗)不正ですからね

個人的には、横領と同じレベルだと思います。

パワハラの加害者の多くは保身のための

悪知恵が働く方がいるたいですね(汗)

全員でフォローし合い、目を付けられないようにしています

これはプラスなのかな?

いや、マイナスですよね(汗)

明らかに仕事をするモチベーションが間違えていますからね

いい仕事をしようではなく、怒られないようにしようと

されてしまっていますからね(汗)

ここで大きなミスが起こってしまうと

所長に知られないように誤魔化そうという

気持ちが生まれてしまいますからね

スポンサードリンク

対策は?

現在行っている対策は少し危険ですかね(汗)

会社に対して訴え出てもあまり効果がないみたいなので

外部機関への訴えも考えてみてはいかがでしょうか?

その際はこちらの記事も参考にしていただければと思います。

参照:ハラスメントの被害にあったらどうする?相談窓口は?

参照:パワハラ、セクハラの仕返し!報復をされない方法はあるのか?

参照:音声録音アプリのおすすめは?パワハラなどの証拠集めにも!

最後に

パワハラを恐れて萎縮してしまうと

本来の力が発揮されない場合が多いです。

それは、よくないですよね。

またストレスはためすぎると体にもよくないですからね

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です