日本はブラック企業?新入社員は定時に帰ると怒られれ、銅メダルではダメ?

オリンピックで銅メダルではダメ?

これは、リオオリンピックで銅メダルを獲得された

柔道女子48キロ級の近藤亜美選手が

「申し訳ない気持ちでいっぱいです」。

と発言されたことを発端にテレビ番組で論争があり

巻き起こったことですね

またこの発言を受け

バルセロナオリンピック女子柔道52キロ級で銀メダル獲得された

溝口紀子さんもツイッターでこのように発言されていましたね

柔道の銅メダル論争勃発か?日本柔道家は家元意識が高いエゴイストです。私も現役時代「銀じゃ銅じゃダメなんです」と思っていました。とはいえこの価値観は、同時に他の銀メダリスト、銅メダリストを侮辱することになることに気付けないから言える事。柔道を引退してしばらく経ったら気づきました。

出典:https://twitter.com/mysomizo/status/763140549591302144

またシドニーオリンピック100キロ超級で

銀メダルを獲得された篠原信一さんは

「一般の人は立派な銅メダルと声を掛けてもいいと思う。ですが頑張っている姿を見てきている関係者などは、お疲れ様でしたとは言えてもおめでとうとは言えない」

と言われていました

いろいろな意見があるかと思いますが

「銅メダルで謝罪する」

ということは間違っていると思います。

もちろん「選手自身が悔しがること」はいいと思います。

けれど謝罪するのは間違っていますよね

謝罪なんてしてしまったら溝口紀子さんも言われていた通り

他の銀メダリスト、銅メダリストをも侮辱することになること

になりますからね

まあ関係者は選手自身の気持ちを尊重したお言葉をかけるべきかもしれませんが

その他の方々は素直に称賛してもいいのではないでしょうか?

最後に

今回は、日本がブラック企業?ということでいろいろな例を見てきましたが

これは、以前は考えられていなかった内容が

今は考えられているということかもしれませんね

今後もこういった問題が次々に出てくるかもしれませんね

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です