日本はブラック企業?新入社員は定時に帰ると怒られれ、銅メダルではダメ?

最近日本がブラック企業では?という話が多くみられていますよね

例えば経済紙で「なぜイマドキ新入社員は定時で即帰ってしまうのか」

など、定時で帰ることが間違っているという記事が書かれたり

リオオリンピックで銅メダルを取った選手が謝罪をする姿勢だったりと

今回はそれらの件についてみていきたいと思います。

目次
  1. 新入社員は定時で帰るのはおかしい?
  2. 決められた時間の中で、業務をこなすのはアルバイト感覚?
  3. オリンピックで銅メダルではダメ?

新入社員は定時で帰るのはおかしい?

今回問題になったのは

こちらの記事

今年の新入社員もそろそろ職場に慣れてきた頃でしょうか。しかし、現場のマネジャーや先輩写真からは、こんな声が聞こえてきます。

「新入社員が定時になると即帰る、アイツはだめだ」

新入社員の立場からすれば、「仕事が終わっているからいいでしょう」と言いたくなるかもしれません。しかし、上司世代には彼らがいつも定時に帰るという行動が理解できないのです。

続く・・

参照:http://diamond.jp/articles/-/98421

この記事では、

『新入社員は帰属意識が低い』

ということを言いたかったんでしょうが

それにしても言い回しに問題があるかもしれませんね(汗)

そもそも、個人的な意見では、

「ゆとり世代」とか「バブル世代」とか個々ではなく

世代としてくくりにしてしまい、個々を考えないことにも

抵抗があるのですが・・・

『定時に即帰る」=「帰属意識が低い」と考えるのは

おかしな話ですよね。

しかもそれが上司世代には理解できないといわれていますが

よく考えてみてください、

大企業の社長や公務員もみなさん定時に帰ってますよね?

それは、帰属意識が低いからですか?

ということになってしまいますよね。

決められた時間の中で、業務をこなすのはアルバイト感覚?

また上記の記事の中では

「決められた時間の中で、業務をこなすのはアルバイト感覚」

とも言われています。

ちょっと理解に苦しみますね(汗)

ということは

「決められた時間の中業務をこなさないのは社員感覚」

とでも言いたいのでしょうか?

こうなってしまうと本末転倒ですよね?

また、することがなくなったら「何かやることはありますか?」と

いうことが当たり前だということも言われていましたよね

なぜ自分の仕事が定時で終わらせられない上司の尻拭いを部下がしなくては

いけないんでしょうかね?

そもそも、定時で終わらない仕事を自分で抱えてしまった上司のほうに

問題があるのではないでしょうか?

もちろんトラブルや急な仕事などで残業が仕方がない場合はあるかもしれませんが

毎日残業しなくてはならない状態は会社として成り立ってないですよね

まあ今回の記事がこういう論争を巻き起こそうと書かれた記事なら

成功したといえるのかもしれませんが・・(汗)

オリンピックで銅メダルではダメ?については次のページへ

PAGE 1 PAGE 2

広告
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です